女性ホルモンとバストアップ

バストが大きい。
それに憧れる女性は数多くいます。
バストの大きさは人によって違います。
そのため、バストをコンプレックスに思っている人がいることも事実でしょう。

スポンサードリンク

女性ホルモン。
これがバストの大きさに関係しているのです。
エストロゲンとプロゲステロン。
女性ホルモンには、この2つの種類があります。
この2つが上手くバランスを保っている。
上手に分泌されているんです。

エストロゲン。
これは、卵胞ホルモンと呼ばれることもあります。
卵巣で作られています。
女性らしいからだをつくること。
肌の新陳代謝を高めること。
受精卵を子宮に受け入れる準備を行う。
そういった働きがあります。

プロゲステロン。
これは黄体ホルモンと呼び方もあります。
作られる場所は、卵巣や腎臓になります。
先ほど書いた、エストロゲン。
この働きのサポートを行います。
出産準備の機能を整える。
月経周期を維持する。
そういった働きがあります。

女性ホルモンが分泌されるのにもピークがあります。
それが大体20代30代といわれています。
それから年を重ねるたびに、どんどんと分泌される量が減っていくのです。
50歳を過ぎると、その減るスピードは急になります。

思春期から成長期へ。
脂肪がつき、バストが大きくなる時期ですよね。
それは女性ホルモンの分泌が多くなったからです。

この時期に女性ホルモンが分泌が減ると、バストが大きくなるのをジャマしてしまうことになります。
たとえば、精神的すとれす。
激しいダイエット。
たくさんエネルギーを使う運動を行う。
こういったことですね。

女性ホルモンの分泌を促す。
これがバストアップさせるために必要なことだと思います。
少し前行われていた方法にも、女性ホルモンを注射で打ち込むというものがあります。
しかし、これにはデメリットが強く出てきてしまいました。
子宮がんなどを起こしてしまうのです。
そのために、バストアップの方法として向いていないという結論が出たのです。

女性ホルモンの分泌を促すためにどうしたらいいのか。
最近では、サプリメントでそういった目的のものが販売されています。
多くの女性がそういったサプリメントを使っているんですよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

鶏肉を食べてバストアップ
雑誌やテレビを見ていると、巨乳タレントがよく出てきます。 あるバラエティー番組で......
バストアップ方法とサプリメント
バストアップ。 多くの女性が憧れるものです。 そのために、多くの方法が考えられて......
プエラリア バストアップ方法
プエラリアというのを知っていますか? バストアップに効果があるとされているもので......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

バストアップ方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.121b.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。